小2のF ピアノの先生の認識


しばらくチックの症状が無かったのですが、3日前くらいから、
気づけば髪を払うような頭の動きが出てきました。

もうすぐピアノの試験があって、それに向けて練習中なのですが、
お教室でのレッスンのときに、頭をササッ・ササッとふり、
鍵盤も楽譜も見られないなって思いながら様子を見ていました。

ピアノの先生は、
「注意しても直らないかもしれません。わざとやってるのではなく、止めようにも止まらないんでしょう。
そのままにしましょう。そわそわしてると減点になりますが、
それは仕方が無いからピアノを完璧に弾けるようにして望みましょう。」
と、おっしゃいました。

チック(くせ)は直せば直るものというわけではないという事を、
よくわかっていらっしゃるようです。

また、ふうは、先生の言葉をよく聞いていてその通りにはするのですが、
言われたときに返事などの反応はあまりしません。
「わかったの。」と何度か聞かれると、「わかってる。」と返事をするという感じです。
なので、先生は、ふうがコミュニケーションを取るのが困難であるという事をを感じていると思います。

髪を振るくせが本番までに直るかな~。

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:26 | 小2のF