叱られる事なのかと悩む事ばかり。小2

息子は学校の勉強を進めるという事ではなく、あらゆるものの中で興味の湧く事を身につけています。
学校の成績云々など気にはしていません。親も同じです。
普通、「できた。できた。」とアピールする子が多い中、彼の場合は、出来たかできないかは問題ではなく知った事で満足なのです。
授業参観でも、当たり前のことながら「はい、はい。」と手を挙げる子が多いのですが、彼は挙げるという動作さえ無関心のように見えます。
彼の感覚では、分かった人が手を挙げるというのではなく、「分からない人はいない。みんなの前で発表したい積極的な人が手を挙げている。」と思っているんじゃないかと思います。そこまでも考えていないでしょうが、きっとそういう感覚だと思います。
好奇心によって知った事の中のほんの一部に学校教育と同じ算数や漢字ももあります。
漢字を絵として捉えていたのか、幼稚園入園前から漢字を書き難読漢字を読んでいました。
漢字は相当でたらめな書き順でしたが、彼にとっては絵ですからそれもありとしていました。
小学校に入ってからは、母として書き順を気にしていて、漢字検定を一級ずつ順に受けさせています。


学校の宿題で作文を書くときに、「これはまだ習っていない漢字かも?」と言って確認し、「習っていないと書いちゃいけないの。」ということでひらがなに書き直します。
習っているか習っていないかいちいち検討するのも結構大変です。
習っていない漢字を書いたら注意をされ書き直しをさせられる・・・。
ごもっともですが、知っていることをどんどん使う事は定着となると思うと本当は使ってほしい母です。

息子が授業に積極的に参加していないと先生から指摘されることに心を痛める母ですが、彼の側から分析すればこのままで変われないのもうなづけます。母の妄想ですがこんな↓感じかなって思います。
**************
中学生が小学校低学年の教室にいる様なもので、オブザーバー的に参加している。
でも中学生と悟られないように自分の知っている知識の中で、クラスメイトがまだ習っていない事は自分も知らないふりをしている。
いまさら、手を挙げて知っているとアピールするほどの事でもない。
方程式を解く楽しみを知っているのに、足し算をたくさんノートに書いて提出って面倒だ。
**************
等など・・・。

こういう子が学校で浮いてしまい、まるでだめな子扱いをされてしまうのは残念な事です。
Gifted 教育
特に2Eの教育
が、身近にあれば幸せだと思います。
もともと学ぶ事が好きなので、学校で生き生きと学べるそういう環境があってもいいのになと思います。

Gifted 教育
きっと、息子が興味を示してしてきた事等をカリキュラムに組み込んで成り立つような教育なんだろうなって思います。
そういう子が知的好奇心を柱に生きてきた軌跡だからです。

いや~、想像しているだけでワクワクしてきましたよ。
話しがそれてきちゃいましたが、実際のカリキュラムに触れてみたいです。
どこかの国に行ってみたいです。

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 21:36 | 小2のF