3歳のF スーパーでよその子とその子の母親を探す油を持ったF

Fはお友達を作るのがすばやいです。

友好的なのですが、何せ言葉で近づかず、体で示すところがあり、相手にテレパシー(?)が通じると、あっと言う間に10年来の友達のようになっています。

幼稚園に入る前の3歳のときの出来事です。

スーパーでちょろちょろしていたと思ったら、同じくらいの子に例によってちょっかいを出していました。

相手の子が受け入れてくれて、手をつないで歩き始めました。

取っ手のついた食用油のボトルをふうが両手に持って一つを相手の子にプレゼント(?)していました。

また、二人は手をつなぎ歩き始め、ふFが「おかあさ~ん。」と言っていました。

私のことはママと言っていて初めて聞くお母さんという言葉に笑ってしまいまいた。

私がなにげに二人の前に現れたのですが、無視して通り過ぎました。

やはり、「おかあさん」とは、私のことではなかったようです。

二人で手をつなぎ、それぞれのあいている方の手には油のボトルが握り締められ、「おかあさん」と声を上げてお友達のお母さんを探す後姿は面白すぎました。

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 19:11 | 幼少期 F | Comments(0)